ペットのしつけ

ペットのしつけのページを説明

ペット.comでは、ペットショップペット用品ペットのしつけペット保険を紹介致しております
SponsoredLink

もし、何かありましたら、以下よりお調べ下さい。

ペット.comにようこそ!

当サイトは、ペットに関する様々な情報をお届けします。
お勧めのペットショップやペット用品はもちろん、
ペットと一緒に泊まれるホテルなんかも紹介します。
ペットを飼ってるとなかなか旅行に行けませんよね?
「ペット.com」では、あなたのペットライフのお手伝いをいたします。


カテゴリは「ペットショップ」、「ペット用品」、「ペットのしつけ」
「ペット保険」、「ペットと行ける旅行」の5つに分類しています。
気になるカテゴリがありましたら是非ご覧ください^^;


■当サイトの目次

タイトル

編集中^^;


ペット用品お得な8点セット

お得なペット用品8点セットが格安の2520円^^;


ペットと行ける旅行

ペットと止まれるホテルって以外にあるんです^^;


ペットのしつけ

ペットのしつけって難しいですよね・・・ここでは犬のしつけをご紹介


ペット保険

ペットの医療代って高いです・・・ペットも保険に加入する時代です^^;

ペットのしつけ

ペットのしつけって難しいですよね^^;
ついつい甘やかしてしまい全然言うことを聞いてくれないなんて方も多いのではないでしょうか?
ここでは、一番多いと思う犬のしつけについて書きたいと思います。


1、我が家のルールを徹底的に理解させる

   ペットのしつけは、犬と人間の間にトラブルがないように、
  生活するうえでのマナーです。

  しつけは犬が家にやってきた日から始めましょう。
  ペットのしつけがうまくいっていれば、生活するうえで、
  人間も犬も、楽しく生活できます。

  「だめ」「だめ」ばかりのしつけはいけません。
  犬には犬の習性【吠えたり、噛んだり、飛びついたり】は、
  ごく自然なものです。子供時から徹底的に、
  一貫性を持ってしつけましょう。

  大人になっては、対応が変わるので、犬は混乱してしまいます。
  家族でルールーを決めたら全員が協力して、ルールを
  徹底させましょう。

2、ほめるしつけ

   ご褒美としては、ご褒美を上げるのも良いのですが、できるだけ、
  大げさに体をなでたりして言葉でほめてあげましょう。
  犬はご主人様にほめられることが、一番の幸せ。大きくなっても、
  ほめることをやめないで、常に、ほめてあげてください。

  しかるだけのしつけは、いけません。基本は、望ましい行動を導き、
  一度は「だめっ」と言って、やめたらすぐにほめてあげましょう。
  そうすると、犬のほうが良いことと、悪いことを自然に覚えます。

3、人間が主導権を握る

   犬に愛情を十分に注ぎ、のびのび育てます。しかし犬の
  やりたい放題はいけません。

  たとえば散歩のときは犬の行きたいほうばかりについて
  いくのではなく。飼い主が主導権を握り、飼い主が、
  散歩のコースを決めましょう。

4、犬の環境づくり

  犬にも安心できる場所を、作ってあげましょう。家族の眼が届く、
  リビングが一番良いでしょう。ケージやクレート、犬用のベッド、
  を置いて、犬専用のスペース【ハウス】を作ってあげましょう。
  このときあまり広いと、かえって、犬が不安がることがありますので、
  狭いかな〜くらいがちょうどいいでしょう。

5、トイレのしつけ

  犬が家に来た日から、始めましょう。子犬は、
  1〜2時間おきにトイレに行きます。

  早速トイレに行かせましょう。すぐに排泄しなくても、
  トイレに残し排泄するまで、待ちます。

  そして犬が排泄したら、思いっきりほめてあげます。
  またご褒美をあげてもいいでしょう。

  排泄のタイミングを見て、トイレに連れて行き、
  その行為に対して、常にほめたり、ご褒美をあげます。
  繰り返していると、自然にトイレに行って排泄できるように
  なります。

  【排泄のタイミング】

   A,寝起き

   B,食後水を飲んだ後

   C,散歩や遊んであげたなど、体を動かした後。

   D,床のにおいを、かいでいるとき。

   などです。

  失敗したときは、しからずに、犬を無視して床を拭き、
  一時犬にかまわない。

  そそうの後は消臭剤で完全に匂いを消す
  【匂いを消していないとまた同じ場所でします】

6、ハウスのしつけ

  犬が家に来た日から、ハウスの中で寝かせる。最初は
  クーン、クーンとなくかもしれませんが、無視してください。
  最初は、ハウスを眼の届く寝室に移してもかまいません。

  しばらくすれば、たいていは、なく疲れて寝てしまいます。

  いざと言うとき【犬嫌いのお客さんが来たときなど】
  犬が抵抗なくハウスに入ってくれるように、
  日ごろからハウスの中で過ごす週間をつけましょう。

  遊ぶときはハウスからだし、疲れたら、ハウスで休ませます。

  ハウスに抵抗を示すときは、日ごろからハウスの中に、
  おやつやおもちゃなどを入れておきましょう。
  「ハウスの中が、快適だと思わせる工夫が必要です。

7、アイコンタクトのしつけ

  犬と飼い主が眼を合わせることは、しつけ、コミュニケーションに
  必要です。

  「オスワリ」「フセ」などのトレーニングにも欠かせません。

  なかなかうまくいかないときは、おやつを、自分の目の近くにおいて、
  眼を見るようにすると簡単です。ただし眼を合わせるまでは、
  途中でやめないでください。

8、食事のしつけ

  人の食べているときに、つまみ食いをさせるのは厳禁です。
  犬に与えてはいけない食べ物がいっぱいあるし、
  食事の順番を崩して、自分は、家族の中で、
  一番下の位だと言うことが、わからなくなります。

  「スワレ」「マテ」「ヨシ」の順番で食べさせましょう。

  【犬に与えてはいけない食べ物】

   A,チョコレート

   B,ネギ類

   C,鳥や魚の骨

   D,カフェイン

   E,人間のお菓子全般

   F,刺激物(唐辛子、タバスコ等)

   G、加工品

   H,消化の悪いもの(イカ、エビ、カニ、貝類、くらげ、こんにゃく等)

9、スワレのしつけ

  これは比較的簡単です。「スワレ」と言って、軽くお知りを
  押さえ、うまくいったらほめてあげる。
  この繰り返しで、すぐに覚えます。

10、マテのしつけ

  犬が動き出す前に、おやつを与え動きを静止します。
  少しずつ、時間と距離を伸ばしていきます。

  結構根気が必要です、1段階ずつ、確実にやっていったください。

11、フセのしつけ

  フセは、無防備な体勢なので、時間がかかります。
  フセは、スワレが確実にできてから行います。

  スワレの体勢から、おやつを犬の鼻先に持っていき、
  次第に床におろします。すると犬の体勢も低くなり、
  前足のひじが付くそうになったら「フセ」と言って、
  ほめてあげ、おやつを与えます。

  根気よくやってください。

  ペットしつけの時間は、30分以内で終えてください。
  犬の集中力がなくなります。

  とにかく根気よくやってくださいね。
  いったん身につくと、飼い主が後で楽になります。

  がんばってやってみましょう。

SponsoredLink

ペット.comのペットのしつけのリンクについて

ペット.comのペットのしつけのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]ペット保険
>>[次]ペットと行ける旅行
ペット.comのTOPへ
"ペットのしつけ"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。